商議している男性達

発生した原因

札束

貸金業者に対して払いすぎた利息の返還請求が出来るというコマーシャルを流す弁護士事務所が増えていますが、こういったものは昔からあったものではなく、つい最近始まったものです。というのは、過払い請求のきっかけとなった最高裁判所での判決が出たのは2005年だからです。 まず、なぜ貸金業者に対して利息を払いすぎる、つまり過払いということが起きてしまったのかというと、法定利息を定める法律が二つあり、二つの解釈が出来る状態になっていたからです。貸金業者は、利率がより高くなる方の解釈でお金を貸していました。ところが法律が改正されて、法定利息の定義が低い方で一本化されたので、今まで高い方の解釈で取っていた利息はどうするのかという話になり、結果、業者は返還すべきであるという判決が出たのです。

では、今後も過払い裁判というのは増え続けていくのかというと、それはありません。なぜなら既に法律が改正されており、新規に貸金業者からお金を借りた人の利率に関する契約は問題がなく、また、過払い請求には時効があるからです。なので、いずれ、過払い請求を出来る権利を持つ人がいなくなるので、裁判も起きなくなることになります。 過払い裁判が減少していくことによって、コマーシャルや過払いの話題も減っていくと考えられますが、そのことによって、今、過払い請求をすればお金が戻ってくるのに、よくわからないので請求しないという人も出てくると考えられます。それはもったいないので、10年以上前に貸金業者からお金を借りたことがある人は、過払い金がないか確認した方がいいでしょう。

増税の世の中で

ガッツポーズの女性

相続税が増税されました。税理士たちは税のプロとして、これから相続を行う人たちのサポートをより一層、強化する感じになっています。わからないことは、すぐに聞くという姿勢が大切です。

Read more

会社設立に必要

グラフを見せる男

会社設立をするときには消費税などを気にする必要があり、この情報を把握していないと多額の費用を損してしまう可能性があります。会社設立をすると4年間の免税が受けられるため、税金対策が必要になります。

Read more

税の制度

ヘッドセットをした女

法人税の中には定額控除限度額の節税制度がありますが、平成26年には接待飲食費などで限度額の計算が認められています。いくつかの改正がされていますが、これからも快適な経営のために改正が続いていくとされています。

Read more

お金の問題

案内するスーツ姿の女性

借入のある方は過払い金が発生してしまうこともありますが、手続きをすることで過払い請求ができます。個人で行なうのではなく法律事務所に依頼をすることでスムーズに手続きを進めることができます。

Read more